起業を成功させるための勉強会&交流会

スタッフブログ

2015/07/27

報告 第四十九回 起業成功塾 『チャット経営で会社が変わる! サクサクわかる!数字の見方!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、主催である株式会社FirstStep 代表取締役 梛野季之氏と、
ChatWork Academy 株式会社 代表取締役 加藤利彦氏にご登壇いただきました。

第一部では『チャット経営で会社が変わる!」というテーマで加藤氏に、
第二部では『サクサクわかる!数字の見方!』というテーマで梛野氏にお話いただきました。

P1090245


第一部は、チャットワークというITツールを使うことで
組織、経営が変わるというお話でした。

P1090255

従来の組織内コミュニケーションは閉ざされたもので
知るべき情報が限定された人にしか知られていないことが起こり、
多くの社員は情報不足により会社や人間関係に不安を抱えてきたそうです。



例えば、あなたは今、隣のデスクに座っている同僚が
どのような仕事をしているか説明出来るでしょうか?

多数の人が即答出来ないと思いますが、これが改善されるだけで、
つまり情報共有を徹底することができれば、組織内コミュニケーションは捗ります。

このコミュニケーションにチャットワーク(IT)を活用することで
以下のような利点があります。

①広く薄い効率的な情報共有が抜け漏れなく出来る
②場所に関係なく情報共有が出来る
③圧倒的な費用対効果(移動時間、交通費、人件費)



また、ITによって得た情報を
次はリアルに対面した際に活用することで
コミュニケーションはより円滑になります。


チャットワークを活用し、ヒト・モノ・カネ・ジョウホウの
ヒトとジョウホウを上手く活用していくと
永続的な利潤を生み出していけるチャット経営。

さらに詳しく知りたい方は、
ChatWork Academy 株式会社から8月6日(木)に
「仕事がはかどる!コミュニケーションがよくなる!
 チャットワーク【公式】活用ガイド」

が発売されますので是非、お手に取ってみられてはいかがでしょうか?



そして第二部では、

『数字は何のためにあるのでしょうか?
それは、自らの成績を自らに報告するためです!
決して税務署や銀行に提出するためではありません!』

という、核心を突く一言から始まり、
起業をする際に必ず知っておきたい“数字の見方”についてお話いただきました。

P1090280

まずは、経営における3つのケアについて。
1つ、仕事のケア
1つ、スタッフのケア
1つ、お金のケア
みなさんいかがでしょうか?仕事やスタッフのケアは優先して行われているでしょうが、
お金は非常に重要であるにもかかわらず、
しっかりとメンテナンスをされている方は少ないのではないでしょうか?

このお金のケアをどれだけ効率的に行うかということがポイントになるそうです!

そこで、貸借対照表・損益計算書の考え方です。
通常であれば、並んだ数字を一つひとつ確認していく方が多いでしょうが、
図を用いて視覚から理解できる方法を詳しく解説いただきました。

貸借対照表は、どこから調達して何を持っているかを表現した図に。
損益計算書は、目標のために必要な売上高を逆算するための図に。
どちらも可視化することで、「来年の今頃はこうだ!」と、
ミライを予測することが出来るようになるそうです。

特に損益計算書については、決算で見なければいけないところまで、
日次、週次、月次でしっかり見ておくことが重要です!
そして、まずはイメージをして5年分は作成しておくことが得策というお話でした。

また、忘れてはいけないのが“コスト”の考え方。
コストと一言に言っても、様々な種類があります。
ここでは、4つのコストの考え方をお話いただきました。

1つ、生産的コスト
1つ、補助的コスト
1つ、監視的コスト
1つ、浪費的コスト

「会計」の視点では見ない、「活動」の視点で見ていくことが重要です!
特に、時間コストは一番大切です。
どのような考えを持って活動したコストなのかをしっかり意識することで、
必要なコストとそうでないコストが見えてきます。


さらに詳しく知りたい方は、


経理通信(http://keiritsushin.jp/)や、
覆面税理士(http://goo.gl/9jup2N)のサイトでも、
お役立ち情報が更新されています!



そして今月愛媛は松山にオープンの
コワーキングスペース「マツヤマンスペース」も要チェックです!
https://www.facebook.com/ehime.in


セミナー後の懇親会(参加者無料)には、
セミナー講師の方に来ていただいての
質問コーナーをご用意しております。
飲みの席だからこそより深い話もできますので、興味があればご参加ください!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る