起業を成功させるための勉強会&交流会

スタッフブログ

2015/04/17

報告 第四十六回  『動画活用をあらゆる企業へ定着させたい! ビジュアルコミュニケーションの重要性』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回も大盛況にて終了しました!
みなさまいつもありがとうございます。

 

第46回起業成功塾では、あらゆる企業の営業販促の映像を受託で作成されている

株式会社サムシングファン代表取締役 薮本直樹氏をお招きし

起業から現在までを振り返ってお話いただきました。

 

P1090176

 

薮本氏が起業を考えた最初のきっかけは、

大学進学後、就職活動が始まった頃の時代背景にあります。

その当時、就職氷河期と呼ばれていた時代で

多くの中年会社員がリストラになる現実と直面していました。

 

一番学べる二十代の多感な時期を会社に捧げるのに

四十代になって、こうも簡単にリストラされてしまうのか。

そんな人生に恐怖を感じ、薮本氏は就職活動をしないと決意しました。

(こういった時代背景のためなのか、薮本氏のお知り合いには

同世代の経営者が200人程いらっしゃるそうです。)

 

そして、25歳で400万円のお金を集め

ご実家の六畳一間にて有限会社サムシングファンを設立します。

キャッシュフローの概念もなく、

最初の一月で200万円を使い切りながらも

営業活動に精を出し、印刷業も取り入れながら会社を大きくしていき

3年目からは映像が売上の主を占めるようになっていきました。

 

その当時から現在にかけて

変わらない判断軸を6つご紹介いただきました。

 

・世の中に答えは用意されていない

・お金はふってこない

・世間に必要とされる

・物事を成すには5年かかる

・知らないことが何よりリスク

・居心地の悪い場所に身を置く

 

従業員の意識を自身と近づけてもらうために理念について学ばれたり、

努力を惜しまず盛和塾に参加し勉強なさったり

自身が立ち上げたIT飲み会に7年間休まずに参加したりと、

様々なことに飛び込み、根気強く続けてこられてきたことが

現在のご成功に繋がったのだと感じました。

 

P1090171

 

また、セミナーの最後に

人に起業をお勧め出来るか?という問いに答えていただきました。

答えは「勧めない」でした。

世の中には「起業するしかない人種がいる」と薮本氏は言います。

 

「起業するしかない、強い意欲を持っている人。

そのような人たちが起業をするのです。

僕もよく人から起業について相談を受けますが、

人に相談するくらいの弱い思いであれば

しない方が良いです。

ただ僕は生まれ変わっても、また起業します。」

 

参加者様の胸に響くお話で締めていただきました。

 

勉強会後の懇親会では、講師との距離が非常に近く

会話が弾み、勉強会の中では話しきれなかった内容もたくさん聞くことができます。

飲みの席だからこそより深い話もできますので、ぜひご参加くださいませ!

 

最後になりましたが

参加して頂いたみなさま

誠にありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る