起業を成功させるための勉強会&交流会

スタッフブログ

2015/01/06

報告 第四十二回 『社内コミュニケーションを良好にするためのITツールの使い方』と『起業前後のお金の使い方と残し方』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第42回 起業成功塾は、起業成功塾の講師陣が

『社内コミュニケーションを良好にするためのITツールの使い方!』

『起業前後のお金の使い方と残し方!』というテーマでお話させていただきました。

P1080512

 

第一部では、

『社内コミュニケーションを良好にするためのITツールの使い方!』というテーマで、

ChatWork Academy 代表取締役 加藤利彦氏が登壇しました。

kigyo_h42_kato

「単に便利だからITツールを使うのではなく、

社内コミュニケーションを良好にするために、便利なITツールを使うのだ」という加藤氏。

 

その言葉通り、今回の起業成功塾では

情報伝達の歴史から始まり、最近普及しているChatツールを

どう賢く使うことで社内コミュニケーションを良好にさせるか、

Chatの特徴を生かした使い方や、

逆に社内コミュニケーションをChatにするにあたってやってはいけないこと等を

お話頂きました。

 

 

第二部では、

『起業前後のお金の使い方と残し方!』というテーマで、

株式会社FirstStep 代表取締役 梛野季之氏が登壇しました。

P1080514

 

毎年たくさんの起業していく人たちを見ている梛野氏は、

成功する起業をしているケースには
3つ共通していることがあるといいます

・徹底的な市場調査がされていること 

・創業時に営業と人にお金をかけないこと
・その事業が好きであること

 

また、起業前後のお金の使い方については
常に何のための活動なのか、何のためにお金を使っているかを意識し

優先順位をつけることが大切だという。

 

会社のコストは4分類できる(なお、時間コストも含む)
・生産的コスト(売上利益をあげるために使うコスト)
例:仕入れ、人件費、教育、移動費

・補助的コスト(売上利益にはつながらないが無くせないコスト)

例:維持費、固定費、経理、人事総務

・監視的コスト(悪いことが起きないようにするためのコスト)

例:セキュリティや、保険

・浪費的コスト(いかなる成果を産むことのない活動)

例:とりあえずがつく活動、「とりあえずHP持っておこうか」「とりあえず交流会で人脈増やしておこう」

の4つである。

 

起業時は生産的コストにどれだけコストを費やせるか、

補助・監視コストをいかに減らすことができるかが鍵を握るという。

 

nagino_kigyo_h042

また、お金の残し方については

目標のために必要な売り上げ高を考える、つまりいくら残しておきたいかを先に考え、

残す分のお金と返済金を考えてから逆算して

売り上げ高の目標を立てなければいけないという。

 

逆算するときの配分の詳細についても、

ホワイトボードを使って分かりやすく教えて頂きました。

ぜひ、こちらUstreamで御覧ください。

勉強会後の懇親会では、講師との距離が非常に近く

会話が弾み、勉強会の中では話しきれなかった内容もたくさん聞くことができます。
飲みの席だからこそより深い話もできますので、ぜひご参加くださいませ!

申し込み参加はこちら

 

 

最後になりましたが

参加して頂いたみなさま

誠にありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る