起業を成功させるための勉強会&交流会

スタッフブログ

2015/01/20

報告 第四十三回 『会社を成長させ続けるためのプロダクト戦略』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第43回 起業成功塾は、株式会社ChatWork CTOの山本正喜氏が
『会社を成長させるプロダクト戦略』というテーマで登壇しました。

P1080849

 

ECStudioとして学生の時に兄弟起業し、CTOとしてプロダクトを行ってきた山本氏。

山本氏はこれまで大きな局面に遭遇してきました。

 

大革新時代にシリコンバレーで学んだ事を活かし、

先取り経営をすることで大成長を遂げましたが

 

それが一転、事業の失敗による挫折を経験しました。

 

しかし、思いつきと絶対に成功するという確信からのChatWorkの誕生へ導きました。

 

 

その体験を通しての学びを今回お話頂きました。

 

 

P1080889

 

ChatWork社のプロダクトの学びをわかりやすくするために

大きく4つの時期にわけて今回お話頂いてます。

 

 

・創業期:まずは倒産しない。
日銭稼ぎをすることで自分の脚で立った経営ができ、

トレンドを見極めることで価格競争に勝つ事ができた。

 

・成長期:種をまき、乗り物をどんどん変える。
プロダクトサイクルをまわす事で、

常に何かを生み出し事業継続、成長する事ができた。

 

・暗黒期:実力を過信しない。
小さく始めていつでも撤回、

リーンスタートアップをしなかったことで失敗という現実を突きつけられた。

 

・第二創業期:失敗をバネにする。
自身の本当に欲しいものを作り、リーンスタートアップで急成長を遂げた。

 

 

このように各期すべてを経験した山本氏だからこそ伝えられる起業においての要点が

凝縮されていました。

 

 

 

山本氏は今までの失敗を最大限に活かし、

自身の本当にしたいプロダクトをすることにより大きな成功に繋がりました。

起業や事業を起こす事に失敗はつきものです。

その失敗で傾く会社も少なくありません。

 

しかし、その失敗をも肥やしにし、

本当に会社、そして自分のしたい事はなんなのか?

これが社会に必要とされているのではないか?

を考えてあみ出したChatWorkは57,000社で利用される大ヒットアプリとなりました。

そんな成果を残しており、現在も発展しているChatWorkに注目です。

 

P1080902

 

 

勉強会後の懇親会では、講師との距離が非常に近く

会話が弾み、勉強会の中では話しきれなかった内容もたくさん聞くことができます。
飲みの席だからこそより深い話もできますので、ぜひご参加くださいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る